"日本人が海外で暮らすには、どこへ行くにしてもその国の許可が必要ですね。観光目的ならノービザで行ける国もあるけど、滞在期間が決まっています。そんな中で「好きなだけ勝手に居てもいいですよ」という場所が2つあって、1つはどこの国の領土でもない南極。そしてもう1つがスバールバル諸島で、一体どこにあるのかと思えば、北極。「北極だから、やはりどこの国の領土でもないのか」といえば、そういうわけではない。スバールバル諸島はれっきとしたノルウェー領だが、1920年のスヴァールバル条約で、条約国(日本も)の国民は、島で自由に滞在したり、工業、鉱業、商業などの事業を営んでも良いことに決められている。だから滞在どころか、ラーメン屋かなんかを開いてもいいわけですね。"

その他各種いろいろな怪しい地帯 (via otsune)

(daizydaizyから)